私は子供のころから手汗がひどく、小学校のころは遠足や運動会のフォークダンスで男の子と手をつながなくてはならないとき、とても嫌でした。
「なんだよ、こいつの手、汗びっしょりで気持ち悪い〜」などと、現代ならばそれだけでいじめの対象になりかねません。
タオル地のハンカチは、趣味でもないのにコレクション…
成長してからも、手汗は収まりません。
特に夏がひどいです。
中学校などで配られる宿題のプリントは、私が学生のころは「わら半紙」という粗末な紙でしたが、そのわら半紙の上にうっかり手を置きっぱなしにしてしまったら、ものの30秒でヨレヨレに。
ヨレヨレになった箇所にはもう文字は書けません。
濡れたわら半紙に無理に文字を書くと、破れます。
私の宿題プリントは、いつも数か所に穴が開き、いたるところがヨレヨレになっていてました。

大人になっても、やはり手汗は収まりません。夏は当たり前ですが、不安になったり緊張したりすると、手相のしわから汗が噴き出ます。就職してからは紙に文字を書くことは少なくなりましたが、そのかわりにパソコンで仕事をします。
手汗でキーボードが滑り、ミスタイプを多発。
さらに、キーボードを押すたびに、キュッキュッと異様な音がして同僚に白い目で見られたりします。また、電話応対も一苦労。
取引先のお客様からの電話などで1分も話せば、受話器には汗のしずくがべったり…。さりげなくタオルで拭き取ります。
隣の同僚と電話機は共用での使用なのですが、ある日私に見えないところで、ウェットティッシュで受話器を念入りに拭いているのを見たことがあります。
ああ、私の手汗、知ってるんだ。ごめんなさい。

どこに行くにもハンカチが欠かせません。
それも、必ずタオル地です。転職したばかりの時、わからないことだらけで緊張の毎日。
手汗を拭くのに使っただけなのに、夕方には湿っているタオルハンカチ…。いつしか、自宅には大量のタオルハンカチが引き出しに備えられています。もうコレクションと言っても過言ではないでしょう。
本気で手汗 解消できたらもっといい人生を歩んでいたのではないかとまで思っています。

自分の顔のパーツの中では割と気に入ってるのが唇です。
昔から唇の形を褒められたりしていたせいか、何となくリップケアには気をつけて来ました。
小学生の頃からリップクリームは必須アイテムで、お家用、持ち歩いてるポシェットの中用、学校のお道具箱の中用・・・と常に数本持っていました。
今もそうなのですが、唇が乾いたと感じた時にリップクリームが無いと焦ってしまいます。
ちょっと乾燥に敏感過ぎるのかも知れませんが・・・。
はちみつでリップパック
実際小学校の頃に乾燥が気になって舐めすぎて荒れてしまい、皮膚科でワセリンを処方されました。
舐める回数、ワセリンを付ける様にと言われました。
唇は舐めると余計乾燥してしまうそうです。
とても唇の乾燥が気になる私ですが、普段の対策としては、「とにかく常に何か塗ってること」です。
リップクリームでも、グロスでも、口紅でも、唇が素の状態にならないようにしています。
そして、塗り直しの時はティッシュやタオルなどでしっかり前のクリームなどを落とし、
ついでに少し強めに擦って浮いた唇の皮も取っています。
こうすると次にクリームなどを塗った時に滑らかに付けられます。
でも、そうやって気遣っていても唇が荒れてしまうことがあります。
そんな時のスペシャルケアとしてやっているのが、はちみつパックです!
やり方は簡単です。
リップクリームを塗り、その上にはちみつをたっぷり塗り、最後に小さく切ったラップで蓋をします。
5分程置いたら拭き取るだけ。
唇パックは口を閉じていても中に入って来てしまいがちですが、はちみつなら入ってしまっても安心です。
手軽にプルプルの唇になれるので、是非やってみて下さい。