自分の顔のパーツの中では割と気に入ってるのが唇です。
昔から唇の形を褒められたりしていたせいか、何となくリップケアには気をつけて来ました。
小学生の頃からリップクリームは必須アイテムで、お家用、持ち歩いてるポシェットの中用、学校のお道具箱の中用・・・と常に数本持っていました。
今もそうなのですが、唇が乾いたと感じた時にリップクリームが無いと焦ってしまいます。
ちょっと乾燥に敏感過ぎるのかも知れませんが・・・。
はちみつでリップパック
実際小学校の頃に乾燥が気になって舐めすぎて荒れてしまい、皮膚科でワセリンを処方されました。
舐める回数、ワセリンを付ける様にと言われました。
唇は舐めると余計乾燥してしまうそうです。
とても唇の乾燥が気になる私ですが、普段の対策としては、「とにかく常に何か塗ってること」です。
リップクリームでも、グロスでも、口紅でも、唇が素の状態にならないようにしています。
そして、塗り直しの時はティッシュやタオルなどでしっかり前のクリームなどを落とし、
ついでに少し強めに擦って浮いた唇の皮も取っています。
こうすると次にクリームなどを塗った時に滑らかに付けられます。
でも、そうやって気遣っていても唇が荒れてしまうことがあります。
そんな時のスペシャルケアとしてやっているのが、はちみつパックです!
やり方は簡単です。
リップクリームを塗り、その上にはちみつをたっぷり塗り、最後に小さく切ったラップで蓋をします。
5分程置いたら拭き取るだけ。
唇パックは口を閉じていても中に入って来てしまいがちですが、はちみつなら入ってしまっても安心です。
手軽にプルプルの唇になれるので、是非やってみて下さい。

念願の永久脱毛
昔から毛深いのが悩みでした。学生時代は毎日、気になってカミソリで剃っていました。
しかし、カミソリ負けしてしまったりで肌はボロボロ…。毛抜きや電動脱毛器で処理を行うと、しばらく生えてこないのは嬉しいのですが、血が滲んだり埋没毛ができてしまいました。
当時は肌を見せるのがコンプレックスでした。
このコンプレックスから解放されたのは、社会人になって思いきって、クリニックのレーザー脱毛をコースで組み一年間通ってからです。
どうせやるなら高くてもクリニックと決めてカウンセリングに行きました。
毛深い分、想像以上に激痛でした。毎回、前日になると憂鬱になりました。
しかし、明らかに変化を感じました。
痛みがひどい時は氷で冷やして感覚を麻痺させて当ててもらいました。だいぶ楽になります。
火傷で水ぶくれは出来ましたが、クリニックなので医師が診察して塗り薬を処方してくれたので安心できました。跡も残りませんでした。
全身をしていただいたのですが、VIOは特に痛かったです。ゴムで強烈に弾かれて目から火花が出そう、、、みたいな感じです。毎日、力んで汗が出ました。
そんなこんなで、頑張った甲斐もあり、無事に脱毛終了。
やはり永久脱毛とはいえ、周期が合わなかった毛は残っていて全く生えてこないというわけではありません。
最初のカウンセリングでも、一年間で十分見えない程度にはなるけど、全滅させるには倍かかると言われました。
今は気づいた時に生えてる毛があれば剃ったりするくらいです。
本当に本当に、今は楽になり肌荒れも気にならなくなりました。
永久脱毛は毛深くて悩まれている方にはオススメします。

初めて脱毛をするとなるときに、いきなり全部やるとかという思い切ったことをする人は少ないかと思います。
また、痛みとかそういったことも気になる方が多いでしょうから、すぐに色々な部分をやりたいとかちょっとお金の面で困るなあというようなこともあると思います。
そんな脱毛初心者の方にとって、やりやすいというような部位はどこでしょうか?
初心者にやりやすい脱毛の部分とは?
1、圧倒的に初心者に人気なのは脇
初心者にいちばんおすすめなのはやはり脇の部分です。 脇は人気の部位であり、面積も少ないですからそこまで一回の時間もかからないものですから、やりやすさは断トツでトップだと思います。
また、各脱毛サロンもキャンペーンをやっているようなケースも多く、安ければ数千円単位で脱毛がしっかりできますので
脱毛をするにはまずは脇からが一番いいでしょう。

当サイトオススメ情報:
心斎橋の脱毛サロン情報

2、Vラインも結構人気
また、初心者におすすめなのがVラインです。
Vラインはビキニといった水着を吐くときなどに目立つラインでありますから、この部分も結構やっていかれる方は多いです。
こちらも面積が少なく、時間がかからないという面でメリットもあり、脇脱毛ほどでなくても値段はかなり安く設定されていますのでかなり安いのも魅力です。
お金がなくても、ちょっとした部分で人気のある部分なら、比較的初心者の方でもやりやすいと思います。
いきなりいろいろな部分から出なくても、少しずつ試して慣れていきましょう。

脱毛で痛みが抑えられる
ミュゼの採用してるs.s.c方式は、肌への刺激と痛みを抑えた方法で。デリケートゾーンの脱毛にぴったりです。
ジェルの上から光をつかってジェルに含まれている成分との相乗効果で脱毛をします。
肌に優しくさらにスピーディに行えて、ミュゼはハイジニーナ7美容脱毛コースといった脱毛専用コースがあって、デリケートゾーン7か所をまとめ脱毛できます。
クリニックでハイジニーナ脱毛のメリットはなんといっても医療機関であるといった安心感があります。デリケートゾーンをいざといったときすぐ対応してくれるところは安心です。
クリニックが脱毛に使う医療レーザーは効果が高く、短期間で脱毛完了可能なメリットがあり、デリケートなハイジニーナ脱毛をクリニックで選ぶ女性が増えています。
また湘南美容外科ではデリケートゾーンの脱毛にジェントルレーズという脱毛器をつかっていて、これから照射されるレーザーは、アレキサンダーライトという太い毛の脱毛に効果があり、これは皮膚の深くまで届き毛根に照射可能です。
皮膚表面はダメージを与えることなく、しっかり脱毛ができ、ハイジニーナ脱毛に適してます。
ハイジニーナ脱毛の痛みのゴムではじくような痛みはデリケートゾーンは皮膚が薄く敏感で、vioのような毛が濃い部分は痛みが出ることがあります。
ハイジニーナ脱毛はデメリットを補ってくれるメリットがあり、やはりまだ不安だといった方もいると思いますが、気になる方は是非チャレンジしてみてください。
ちなみに私の場合、最も通いやすい天王寺で脱毛サロンを探していたので、以下のランキングサイトを参考にしました。

天王寺で脱毛するならココ